2015年12月のCM12.1リリース

2015年12月のCM12.1リリース

16:50 0
12月分のCM12.1と、日本語訳を取り込んだCM13.0を更新しました。

Euphoria-OSとResurrection-Remixについては、先月以降更新がなくなってしまったので、尻切れですが先月分が最終ビルドになります。

BlissPopは多少更新がありましたが、ビルドしている暇がなかったので、新年に持ち越しです。

私がCyanogenModを好んで選ぶ理由の一つがサポートの信頼感ですね。コミュニティやメンテナがはっきりしないROMは開発者の気分でディスコンになりやすいので、老舗の安定感は安心できます。

更新履歴は各サポートページから確認下さい。

2015年12月のCM13.0リリース

23:08 3

クリスマスには少し遅くなりましたが、CM13.0の12月分を更新しました。

さすがにTXのストックカーネル(とストックバイナリ)も時代遅れになって、Android6.0で加わった変更に追随するのが大変になってきました。Android側のソースにも色々と手を加えてWi-Fiと内蔵ストレージ、SDカードを有効化したので、だいぶ常用できるようになったと思います。

残った不具合はカメラとFMですが、カメラはまだしばらく時間がかかりそうです。少なくともXperiaのCMメンテナが苦戦しているうちは難しいでしょう。FMはCM13.0の開発が進めば自ずと使えるようになると思います。

年末までには、CM12.1をはじめ他のROMもビルドして公開します。

詳しい更新履歴はCM13.0のサポートページで確認してください。

ブートローダーがロックされた端末向けのカスタムROMのビルド方法解説

16:55 5

先日よりコメント欄で、ブートローダーがロックされた端末向けのカスタムROMの作り方についてやり取りをしていたのですが、出来上がったノウハウを共有して広めるのも良いかなと思い、ビルド手順を分かりやすく解説することにしました。


おおまかな流れ

  1. ビルドしたいROMのソースを取得
  2. ビルドしたいROM向けのデバイスツリーを用意
  3. ビルド対象の端末のストックカーネルソースを取得
  4. ビルドしたいROMのソースツリーにストックカーネルソースを適切に配置
  5. デバイスツリーを編集してストックカーネルソースとdefconfigを使うようにする
  6. デバイスツリーを編集してストックカーネルが対応しない機能を削るために、フラグを追加、削除
  7. ストックカーネルを使う際に問題が起こるdisplay HAL、media HALあたりを編集
  8. その他、ストックカーネル向けに変更した方が良い部分を適宜修正(特にSELinuxの動作モードについてはsepolicyなりinitなりを編集してpermissiveかdisabledにする)
  9. ビルドが成功するまで、何度もトライアンドエラーでエラー箇所を修正
  10. ビルドが成功したら、出来上がったROMとramdiskを取り出す
  11. hijack-ramdisk内のシェルスクリプトを対象端末向けに調整して、出来上がったramdiskも中に入れる
  12. 出来上がったROMとhijack-ramdiskを実機に導入して、機能的なバグがあればデバイスツリーを修正して再ビルド

実践

上記の流れに沿って実際にブートローダーがロックされた端末向けに作業してみます。
例としてhayabusa(GX)を使っても良いのですが、せっかく一から書き起こすので新規にhuashan(SP)向けにCM12.1をビルドしてみます。

*ここでは標準的なROMのビルド環境は全て整っている前提で話を進めます

1. CM12.1のソースを用意

repo init -u https://github.com/CyanogenMod/android.git -b cm-12.1

repo sync -j16

2. huashanのデバイスツリーを用意

. build/envsetup.sh

breakfast huashan

huashanのデバイスツリーとCMのカーネルソースがダウンロードされます。

デバイスツリーを用意したら、実機をつないでプロプライエタリなファイルを取り出すのですが、ここでは便宜上、TheMuppetsから拝借します。

svn checkout https://github.com/TheMuppets/proprietary_vendor_sony/trunk/huashan

ワーキングディレクトリにベンダーファイルを含んだ"huashan"というフォルダが作られます。

3. huashanのストックカーネルソースを入手

huashanのストックカーネルソースをSony Developer World の Xperia open source archivesで手に入れます。

huashanの最終ビルドは12.1.A.1.207なので、それ用を使いましょう。

ソースは圧縮されているので適当なアーカイバで解凍して、中のkernelフォルダを取り出します。
"kernel"では分かりにくいので、仮に"viskan"と名前を変更します。
(huashanのプラットフォームはviskanというそうです。blueとGPU以外同じSoCで互換性も高いのにわざわざ分けられているのですね。)

4. デバイスツリー、ベンダーファイル、カーネルソースを配置

ストックカーネルソースとベンダーファイルを用意したら、CMのソースツリーが以下の形になるように配置して下さい。

CM12.1-huashan
├── abi
├── android
├── art
├── bionic
├── bootable
├── build
├── cts
├── dalvik
├── developers
├── development
├── device
├── docs
├── external
├── frameworks
├── hardware
├── libcore
├── libnativehelper
├── ndk
├── packages
├── pdk
├── prebuilts
├── sdk
├── system
├── tools
├── kernel
│   └── sony
│       ├── msm8960t
│       └── viskan
├── vendor
│   ├── cm
│   ├── cmsdk
│   └── sony
│       └── huashan
└── Makefile

5. デバイスツリーをストックカーネル向けに編集

ここからは、huashanのデバイスツリーをストックカーネル向けに編集します。

使用するカーネルソースとdefconfigの場所を変更します。

device/sony/huashan/BoardConfig.mk

# Kernel properties
TARGET_KERNEL_SOURCE := kernel/sony/viskan
TARGET_KERNEL_CONFIG := viskan_huashan_defconfig

メディア、ディスプレイ、オーディオHALはcaf版を使うので、そちらも追記

device/sony/huashan/BoardConfig.mk

# QCOM/CAF hardware
COMMON_GLOBAL_CFLAGS += -DQCOM_HARDWARE
BOARD_USES_QCOM_HARDWARE := true
TARGET_QCOM_AUDIO_VARIANT := caf
TARGET_QCOM_DISPLAY_VARIANT := caf
TARGET_QCOM_MEDIA_VARIANT := caf

# QCOM enhanced A/V
TARGET_ENABLE_QC_AV_ENHANCEMENTS := true

同時にDisplay HALの不要なフラグを削除かコメントアウト

# Display HAL
USE_OPENGL_RENDERER := true
TARGET_USES_ION := true
TARGET_USES_C2D_COMPOSITION := true

#TARGET_DISPLAY_USE_RETIRE_FENCE := true
NUM_FRAMEBUFFER_SURFACE_BUFFERS := 3

6. ストックカーネルに合わせてmedia-cafとdisplay-cafを入れ替える

本来は個別にビルド時のエラー箇所を修正する必要がありますが、今回は関連箇所のコミットをリバート済みのリポジトリを使わせてもらいます。


hardware/qcom/display-caf/msm8960
hardware/qcom/media-caf/msm8960

二箇所のフォルダを入れ替える

7. その他、ストックカーネル向けの変更

huashanのストックカーネルソースはGCC4.7でビルドされていますが、CM12.1はGCC4.9でビルドされるので、それ用の変更をカーネスソースに加えます。

kernel/drivers/usb/gadget/Makefile
kernel/net/bluetooth/Makefile

KBUILD_CFLAGS += -Wno-sizeof-pointer-memaccess

Android 5.1のSELinuxの制限を緩めるために、sepolicyを編集

external/sepolicy/Android.mk

FORCE_PERMISSIVE_TO_UNCONFINED:=false

このままビルドするとzip内のカーネルが自ビルドのものになるので、適宜ストックカーネルと入れ替えるようにする。(詳しくは、そのうち今回のソースを公開するので、そちらを見てください)

8. ビルド開始

さて、これで準備が出来ました。いよいよビルドを始めます。

brunch huashan

全てが適切に編集されていればビルドが通るはずです。

まとめ

今回作成したブートローダーがロックされたXperia SP用のCM12.1のROMとSP向けのhijack-ramdiskを公開します。ただ、実機で動作確認できないので、起動しないかも知れません。

cm-12.1-20151204-UNOFFICIAL-huashan

huashan hijack-ramdisk for CM12.1

Xperia SPを持っていて試される方がいれば、結果を教えてください。

流れとしては以上のようになりますが、見れば分かるとおり、それなりに処理の内容を理解してエラーに対処できる程度の知識がないと難しいです。ただリポジトリを引っ張ってきてビルドするレベルからのステップアップには良いかと思います。

非rootでマルチユーザーを有効化する方法(失敗)

22:41 2

非rootでマルチユーザーを有効化する方法(失敗)

最近は枯れた端末の開発がメインになって新しい機種の事情に疎くなりがちなのですが、docomo版Xperia Z5シリーズを除いて、Xperiaの国内キャリアモデルはマルチユーザー機能が塞がれていると聞きます。

そもそも自分がマルチユーザー機能を使ったことがないので全く興味が無かったのですが、同じ端末上でソシャゲの複アカ運用で使うという話を聞いたときはなるほどな、と思いましたね。

マルチユーザーを有効化する手順は割とあちこちのブログでまとめられていて目新しさはありませんが、どこも大体root化が必要であると書いています。

# Multi Users
fw.max_users=3
fw.show_multiuserui=1

こんな具合にbuild.propに追記する方法ですね。

しかし、Androidのシステムプロパティを設定する方法はbuild.propの編集に限りません。
同じ事をadb shellから行うとどうなるか試してみました。

実践

私のZ3 Compactはroot化してあるので本当に非rootで同じ事ができるのか自信はありませんが、SuperSUからrootを無効化して行いました。


端末とPCをつないでコマンドプロンプトから以下を打ち込みます。

adb shell
setprop fw.max_users 3
setprop fw.show_multiuserui true

すると、ちゃんと端末の方でもマルチユーザーの設定が見えるようになりました。


解説

おそらく、shell権限で実行しているのでコマンドが通るのでしょう。同じ事を端末上のアプリからしても拒否されます。

ただ、setpropで設定する値は一時的なものなので、build.propと違って端末を再起動する度にPCから同じ操作をして設定を再表示する必要があります。もっとも、最近では再起動の頻度も減っていますから、何も出来ないよりかはマシというところですね。

今後の展望

上記と同じコマンドを発行するアプリを作って手軽に扱えるようにしようと思ったのですが、アプリの権限ではコマンドが拒否されてしまったので使い物になりませんでした。
脆弱性になるのでまず無理でしょうが、アプリにシェル権限を持たせることができれば、ずっと面白くなるのになと思います。

今後はどんどんセキュリティが厳しくなって、リテールデバイスをユーザーがカスタマイズする余地が狭まってくるでしょうから、こういった非rootでもシステムの一端に触れられるような小技を探していきたいなと思います。

非rootユーザーの方で試される方がいれば、結果を是非教えてください。

訂正

これでいけるだろうと高を括っていたのですが、コメントで報告頂いたところによると上手くいかないようですね。もしかすると、自分でも覚えていないうちにroot権限でsetpropをしていて、その形跡が残っていたのかも知れません。やはりそう易々とは遊ばせてくれないようですね。
報告頂いた方、ありがとうございました。